中島医院

名古屋市千種区の糖尿病専門医,小児科,甲状腺 中島医院

〒464-0041 愛知県名古屋市千種区霞ヶ丘2-9-17
TEL 052-723-5115/FAX 052-723-5116

初診の方で診察の事前申込をご希望される方はこちら

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

 

【中島医院】
〒464-0041
愛知県名古屋市千種区霞ヶ丘2-9-17
TEL:052-723-5115
FAX:052-723-5116
HOME»  皮膚の病気»  掌蹠膿疱症

掌蹠膿疱症

手のひら(手掌)や足の裏(足蹠)に、周囲に赤みがある膿疱(白いプツプツ)が多発し、やがて融合して大きくなります。
慢性に経過し、ときに増悪します。

みずむし(足白癬)と症状が似ていますが、治療法は正反対となりますので、真菌の検査が重要です。

原因としては、慢性扁桃炎などの病巣感染説や、虫歯などの金属アレルギー説が言われていますが、扁桃腺を手術で取っても、虫歯の金属を取り替えても、症状が変わらないケースも多く経験しています。

手掌の掌蹠膿疱症 足蹠の掌蹠膿疱症
手掌の掌蹠膿疱症 足蹠の掌蹠膿疱症

 

治療

治療はステロイドの外用が主体となります。
抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤、消炎剤の内服も有効です。

ステロイドの内服は著効を呈しますが、長期の連用は副作用が心配です。
いずれにせよ、なかなか完治が難しい疾患です。