中島医院

名古屋市千種区の糖尿病専門医,小児科,甲状腺 中島医院

〒464-0041 愛知県名古屋市千種区霞ヶ丘2-9-17
TEL 052-723-5115/FAX 052-723-5116

初診の方で診察の事前申込をご希望される方はこちら

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

 

【中島医院】
〒464-0041
愛知県名古屋市千種区霞ヶ丘2-9-17
TEL:052-723-5115
FAX:052-723-5116
HOME»  皮膚の病気»  爪白癬(つめはくせん)

爪白癬(つめはくせん)

爪白癬は、足の水虫と同様に白癬菌というカビが原因で起こります。
爪が白く濁り、分厚くなるのが特徴です。

爪が白濁・肥厚するのが特徴   内服で根元から良い爪が生えてくる
爪が白濁・肥厚するのが特徴   内服で根元から良い爪が生えてくる

爪は表面が硬いため、塗り薬を外側から塗っただけでは、爪の中にまで薬の効果が行き渡りません。
そこで飲み薬による治療が行われます。

飲み薬を飲むと、根元から良い爪が生えてきて、白癬菌が住んでいる白濁した部分を押し出します。
治療期間は爪が伸びるスピードによって異なり、数ヶ月から一年に及ぶ場合もあります。
定期的に血液検査をして、肝臓など副作用をチェックする必要があります。

両拇指の爪白癬   内服5ヶ月後
両拇指の爪白癬   内服5ヶ月後