中島医院

名古屋市千種区の糖尿病専門医,小児科,甲状腺 中島医院

〒464-0041 愛知県名古屋市千種区霞ヶ丘2-9-17
TEL 052-723-5115/FAX 052-723-5116

初診の方で診察の事前申込をご希望される方はこちら

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

 

【中島医院】
〒464-0041
愛知県名古屋市千種区霞ヶ丘2-9-17
TEL:052-723-5115
FAX:052-723-5116
HOME»  皮膚の病気»  とびひ(伝染性膿痂疹)

とびひ(伝染性膿痂疹)

1)原 因:黄色ブドウ球菌、および溶血性レンサ球菌。
2)潜伏期間:2~10日
3)感染経路:病変部からの接触感染です。

4)症 状:夏期に多い疾患で、皮膚に突然大きい水疱が出来るのが特徴です。
  この水疱は簡単に破れてびらんになり、黄色いかさぶたが出来ます。
  水疱の中やびらんした皮膚の表面に化膿菌がいて、これが正常の皮膚に付くとすぐ水疱が出来てきます。
  このように非常に感染りやすいので「とびひ」という俗名が付けられています。

大きい水ぶくれが出来る 顔は水ぶくれが小さい
大きい水ぶくれが出来る 顔は水ぶくれが小さい

5)治療方法:化膿止めの抗生物質の内服が有効です。
  水疱の部は中の水を抜いて抗生物質の入った軟膏を塗り、ガーゼを当てて包帯をします。
  入浴は原則として禁止しますが、シャワーなどできれいに洗ってから軟膏を塗るようにします。

6)予防方法:病変部がガーゼなどで覆われていれば、感染の心配はありません。