中島医院

名古屋市千種区の糖尿病専門医,小児科,甲状腺 中島医院

〒464-0041 愛知県名古屋市千種区霞ヶ丘2-9-17
TEL 052-723-5115/FAX 052-723-5116

初診の方で診察の事前申込をご希望される方はこちら

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

 

【中島医院】
〒464-0041
愛知県名古屋市千種区霞ヶ丘2-9-17
TEL:052-723-5115
FAX:052-723-5116
HOME»  皮膚の病気»  みずむし(足白癬)

みずむし(足白癬)

真菌(かび)の一種の白癬菌(はくせんきん)が足の皮膚につくために起こります。

「みずむし」には3つの型があります。
1)つちふまず、足ゆびなどに小さな水疱ができる「小水疱型」
2)足のゆびの間が白くふやけてくる「趾間型」
3)足の裏全体が硬くなってカサカサしてくる「角化型」

白癬菌 小水疱型足白癬
顕微鏡で見た白癬菌 小水疱型足白癬

 

趾間型足白癬 角化型足白癬
趾間型足白癬 角化型足白癬
  • 必ず「かび」の顕微鏡検査をして、白癬菌を見つけてから抗真菌剤を外用します。
  • 湿疹や掌蹠膿疱症など「みずむし」と間違えやすい病気は多く、勝手に市販薬を使うと「かぶれ(接触性皮膚炎)」を起こし、入院が必要となる場合があります。
  • 他人に感染さないよう、風呂場の足拭きマット、スリッパは他の人と別にしましょう。